谷まるごと里のいきもの自然保護区プロジェクト

しぜん基金「5月の自然再生アクション・デイ

 

 ソーシャルディスタンスを保ちつつ、自然を満喫しながら、ちょっぴり自然に恩返しできる一日です。生きもの調査→(各自お昼ごはん)→自然再生作業(または生きもの調査)→冷たいドリンク!で過ごします。

 

今回の「自然再生アクション・デイ」は少しイレギュラーです。

 

毎年5月は自然再生後のモニタリング(生物調査・環境調査)に集中するため、自然再生作業はしないのです。

 

けれど、今年の冬に行った自然再生作業のあと湿地に水がたまらなかったことから、4月の参加者さまと相談したところ・・・「5月に来たときにもし水が漏れていたら、補修作業をしてからモニタリングをしよう!」ということになりました。

 

今回も主な会場は、耕作放棄された棚田を生きものの楽園として自然をよみがえらせたところで、今は田んぼによく似た環境になってます(泥だらけになります)

 

午前中は、以前に自然再生した場所で水質調査と生きもの調査をします。木の枝に、泡につつまれたカエルの卵(モリアオガエルの卵)が見つかるかもしれません。

 

お昼は(ピザ釜はありません)各自、お弁当などをご用意ください。

 

午後からは、4月に自然再生した湿地を見て、水がたまっていなかったらミニスコップやバケツを使って、生きものがくらすための池を作ります(土手の補修作業をします)。

 

もし水がたまっていたら、午前中とは違う池で水質調査と生きもの調査をします。たくさん働くので、作業後には冷たいドリンク(ジュース、牛乳など)をご用意します。

 

途中参加・途中解散も可能です。はじめてご参加の方は、可能な限りプログラムの最初からご参加ください。

 

実施日時:5月30日(日)10:30~15:00

 

少雨決行・荒天中止

 

※中止の場合は当日9:00までに、当センターウェブサイトおよびメール等にてお知らせ致します。

 

集合:奈良市青少年野外活動センター、本館南側の野外炊事場(奈良市阪原町25-1)

 

 

プログラム:おおよそ下記の時間割で行動します

 

  10 :00~10: 30 受付

 

  10:30~11:00 オリエンテーション

 

  11:00~12:00 生きもの調べ・水質調査

 

  12:00~13:30 昼食(各自ご用意ください)

 

  13:30~14:30 自然再生作業または、生きもの調べ・水質調査

 

  14:30~15:00 後片付け・おやつタイム

 

 

対象:3歳~小学生低学年(保護者同伴)および、

小学生高学年以上(社会人は青少年育成関係者及び関心のある方)

 

 

参加費:500円/人(資料・ワンドリンク付)

 

 

お申込:開催日の1週間前までに下記の申し込みフォームにてお申し込みください。定員は20名です。

 

服装・持物(子ども・大人共通):マスク・長靴・帽子・作業用手袋・汚れても良い服装・飲み物・お弁当(必要な方は、雨具・着替え・マイ採集用具)

 

 

 

 諸注意:

 

・捕まえた生きものの持ち帰りはできません。

 

・当日までの2週間以内に発熱や咳、だるさ 、頭痛、腹痛、下痢、体調不良等の諸症状が無い方のみ、ご参加できます。当日はマスクをご着用ください。

 

・奈良県に緊急事態宣言が発出された場合や講師・スタッフの体調変化等により、イベントを中止またはプログラム日程等を変更する場合がございます。適宜、野外活動センターウェブサイトおよびSNS等にてお知らせ致しますのでご確認ください。

 

・当日、イベント中に参加者やスタッフの体調に異変があった場合、イベントは即時中止します(参加費はご返金できません)。当日の参加者やスタッフに新型コロナ陽性が判明した場合は、即時ご連絡いたします。

 

・当日の写真および動画を撮影し、当基金のSNS等に使用することがあります。

 

・このイベントは「TOTO水環境基金」および「未来につなぐふるさと基金」の助成を受けています。

 

 

主催 : しぜん基金(一般社団法人 自然再生と自然保護区のための基金)、NPO法人 奈良地域の学び推進機構

 

 

 


申込フォーム

奈良市特別警戒警報に伴う対応について

奈良市の特別警戒警報が発出されたことにより当イベントを中止とさせていただきます。


谷まるごと里のいきもの自然保護区プロジェクトとは?