GOTOキャンプ参加者専用ページ

GOTO冒険キャンプ参加者専用ページです。

キャンプの解説と記録用の写真を掲載しています。

ぜひお子さんとご覧いただき、2日間で体験したことを聞いてあげてください。

 


GoTo冒険キャンプ解説

【目標とねらい】

 冒険キャンプは、子どもたちが「主体的・対話的で深い学び」につながる自然体験ができるように構成されています。

 

●活動プログラム

SDGs15(陸の豊かさを守る)を、活動プログラムの目標においています。

活動全体では「自立」を大きなテーマにしています。

 

(1)自然環境を守る取り組み

森林環境を守るとはどういうことか、世界と日本の森林環境問題を比較して考えます。

センター周辺地域は生物多様性エリアであり、奈良市の水源地であることを知ります。

自然環境保全・自然再生のための取り組みを知り、自ら出来る事を考え、実行します。

 

(2)野外生活スキルの体験

どのような天候でも、自然の中で快適に楽しく過ごす工夫の体験。

5スキル(ロープワーク、火の扱い、刃物の扱い、野外調理、テント設営)の体験。

季節のテーマ(10月、11月、12月、1月、2月)と継続テーマ(人間の巣)の体験。

 

●生活プログラム

(1)自由とは

自由の大切さ、楽しさ、意義深さ、を意識し、活動の具体的な場面では「自分のことは自分でする」「互いに助け合う」や「声を掛け合う」「時間を意識する」ことを促し、活動班、生活班の中で実際に体験します。

 

自由とは

好きなように

思い通りに行動することではない。

自由とは

誰かに命令されることなく

自らの意志で

自らを律して生きることだ。

ーカントー

 

(2)仲間とは

冒険を通して、仲間の大切さ、仲間を大切にする行動、友だちとしての振る舞い、を常に意識し行動できるようします。

班で協力する事、班を越えて共同すること、一人ひとりが他者を思い遣って行動する事を常に促します。友だちを大切にするとは、「友だちの気持ちになって」考える、関心をもつことだと伝えます。キャンプ期間中は、自律と挑戦、利他的な行いを促します。

 

※プログラム変更に伴う連絡とお願い

GOTO冒険キャンプ10月は、雨天でのスタートとなりました。

そのために一部プログラムを変更して進めさせていただきましたことをご報告します。

実施できなかったプログラム

 

・「人間の巣」づくり

・ムッレチャレンジ30

 

子どもたちと対応を相談して下記の確認をしています。

①両方のプログラムを体験したい場合

毎月野外活動センターで実施されている「森の冒険フリールフサレ教室」で体験できます。そちらをご利用ください。

 

②冒険キャンプ10オンライン同窓会の企画

奈良市から配布されているタブレットを使ってオンライン同窓会を準備します。

(1カ月程度をみて、作文やプレゼンによって体験を発表する場にします。

市教委とも相談した上で別途メールにてご案内をいたします。

参加の場合はzoomのアプリの設定をお願いいたします。参加は自由です。)

 


GOTO冒険キャンプ 10月の物語

【冒険キャンプの物語り】

 2日間の短い時間ですが、それぞれの参加者にはたくさんの物語があります。ご家庭でも、お子様の体験した出来事や印象に残った話などに耳を傾けてあげてください。人の成長や変化に大切なのは「関心をもつ」ことだと考えています。

エピソードの一部を紹介します。

●「自由への階段」ーコーチの朝のメッセージからー

 最初の半日は、コーチが集まる場所や時間の指示を何度もしていたのが、4時間経過した夜には、コーチが黙って約束の場にいるだけで、2分遅れたけれどスイッチを切り替え、皆で行動することができましたね。

2日目の朝は、指示もなく、コーチがそこにいなくても、自分たちで時間になると約束の場所に集まり、次の行動を始める準備をして、コーチを迎えに来た。君たちは自由を手に入れたのです。時間をコントロールするのは自由への階段の一歩だよ。素晴らしい5年生!君たちはそれぞれの学校で素晴らしい最高学年になる準備がもう出来ています。コロナに負けず、自信をもって、この力を伸ばそう。帰るまで怪我の無いよう、みんなで楽しく過ごせるように力を合わせましょうね。

(子どもたちの凛とした姿勢と自信に満ちた眼差しが、とても印象的な朝でした。)

 

<解説>

 前夜の就寝前ミーティングで「7時に自分では起きられないかも知れない」という児童が数名いました。

コーチから「みんなの前で、その不安を表明出来る事は素晴らしい。ここには、朝起こしてくれるお家の人はいない。でも共に過ごす仲間がいる。それに君たちは、この先もずっとお家の人に起こしてもらうのか?この不安に応えるためにどうすべきかは、仲間で考えることだね」と話してありました。

そして、起床後朝食の8時までは自由時間であること、自由の前提には、しなければならない、身支度、荷物整理、部屋の片付けや掃除が出来ていることを伝え、安全を確保しながらであれば、昨日活動したどこに散歩に出かけても自由であることも知らせてありました。朝5時から起きている児童もいました。起床の7時には、既に身支度をはじめテントを片付けていました。朝ごはんにも全員が間に合い、自分たちで片付けも出来ました。そんな中での2日目プログラムのスタートをしました。

 

文責:三宅基之(マネジメントコーチ)

 


GOTO冒険キャンプ10月の写真

スタッフが記録用に撮影したものになりますので、あまりきれいではないかもしれませんが、お子さんの写真がありましたら思い出に保存ください。

 

各ページのパスワードはキャンプの帰りにお子さんに手渡しします。
(不明な場合はセンターまでメールで参加者氏名をお書きの上、お問い合わせください。パスワードはアルファベットの大文字+数字になっています。)

 

●お願い 

・掲載期間は各月の月末までです。それまでにダウンロードお願いします。

・個人情報の観点からダウンロードした写真をSNS等で公開はされませんようにお願いします。万が一、トラブルになった場合、当法人では一切の責任を負えません。個人間で解決をしていただくことになります。どうぞよろしくお願い致します。  


ご意見、ご感想などをお聞かせください

コメント: 0